祭壇

葬儀を執り行う場所は色々とある|家で行うのが難しいなら利用しよう

香典

費用を抑えたい

お葬式の予算があまりない東大阪の喪家は、率直に葬儀社に相談してみることです。相談の時に予算はこれくらいである事を最初で伝えておくと、それ相応のお葬式を考えてくれます。また、各市町村が行う市民葬や区民葬の制度を利用することもできます。

花

最期の時をゆっくり過ごす

家族葬を荒本周辺で執り行うときは、参列を断る時にはトラブルとならないように家族葬であるということをハッキリと伝えるようにしましょう。分からないことなどがあれば、遠慮することなく、葬儀社に確認をするようにしましょう。

はな

故人を見送る儀式

東大阪でお葬式を行う場合、費用は抑えつつも盛大なお見送りを実現するコストパフォーマンスの高い葬儀社が選ばれる傾向にあります。その他、お花へのこだわりや駅から近いなど、各社独自のポイントがありますので適した会社を選び、故人のお見送りをしましょう。

お葬式の場所を決める

数珠

斎場の有無を確認する

最近横浜ではアパートやマンションのような、あまり人が沢山集まる葬儀を行うには適さない住宅が多くなっているため、お葬式の専用施設である斎場を借りて行う喪家が増えています。斎場には葬儀社や冠婚葬祭互助会が経営する民営斎場、市や区が運営する公営斎場、寺院が経営する寺院斎場などがあります。葬儀社が経営する斎場は、原則として自社で扱った通夜・葬儀以外は斎場の貸し出しをしないところが多いようです。そのため葬儀社の斎場を利用したい時は、葬儀社を選ぶ段階で、まず斎場の有無を確認してから選ぶ必要があります。同じ横浜の民営でも互助会系は自社で扱う扱わないは問題ありませんし、会員以外の利用も認めているところも多いです。

斎場を選ぶ

横浜の公営斎場を借りる時には、利用者もしくは死亡者が斎場を運営する自治体と同じ市や区に住所があることを条件としいる場合が多いです。利用料金は安く、民営の3分の1以下で済むところが大半です。団地や町内会の集会所は、葬儀専用施設ではありませんので、設備や間取りが貧弱なのは止むを得ないことですが、同じ団地や町内会に住む人しか利用できませんが、斎場などと比較すると料金が安いという利点があります。横浜の自宅で葬儀を行う時は、家の中を早めに片づけ、しかるべきスペースを確保しておきます。通夜・葬儀の式場となる部屋、僧侶が着替える部屋、通夜ぶるまいの宴席場になる部屋などを用意します。式場になる部屋には祭壇を飾るスペース、通夜ぶるまいの部屋にはテーブルをいくつか並べられるくらいのスペースが必要です。